スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

飼いものごっこ。5  


『ちょっと行ってくる。』



沢山の事が頭の中で駆け巡って眠れない夜は、吐き出す先を見つけに出かける事が多い。

大抵は事務所の自分の制作室のひんやりとした夜の一室に閉じこもって鍵を掛け、朝まで色々弄って過ごすのが定番だった。


長々と付けられた鎖はドアの隙間から廊下を渡り、続くのは向こう側の主人の一室。時折、引かれている感じを首の辺りに覚えながらも時間は淡々と過ぎていて、俺は目の前の作業に没頭して他の事は何も考えずに済んだ。

例えばあの甘すぎる声とか例えばあの笑う顔とか例えばあの服を脱いだ時の暗闇に浮かぶ滑らかな肌とか。

遮断された空間でヘッドホンを耳にあて黙々と作業をしている間は何もかも、首に嵌る首輪の存在も忘れそうになった。


自販機で買ったホットコーヒーは、一口啜っただけでデスクの脇に置かれたままだ。

何時間も口を付けられていない紙コップに次に手を伸ばした時、首に感じた重い感覚は一気に現実へと俺を引き戻す。

二口目のコーヒーは冷たくて、身体の奥底から震えた自分は今初めて自分の体温が高くなっていることに気が付いた。


・・・・・・・・・・飢えてる。

紙コップを握る手を見つめながら心の中で物言えば、そんな単語しか出てこない。

自分自身に呆れてついた溜息も冷めたブラックコーヒーの真っ黒な渦の中に消えていって、さっきまで落ち着いていたはずの情尾が揺らぎ出す。

ぐらり、心と一緒に引かれるのは首に嵌ったコレの存在だった。

いつの間にか付けられていた首輪は鬱陶しいのに無いと不安で、今みたいに重たく引かれれば俺は椅子を立ち上がって掛かる力の方へとふらふらを歩いてゆくしかない。


締め切ったまま数時間ぶりに開けた部屋のドアを抜けるように出て後ろ手に重たい扉を閉めたら、ジャラン、と引かれる鎖を辿って付いたのはすぐそこの奴の部屋。

自由を失う代わりに得たものなんてどこを探してもなかなか見つからないのに、それでも俺は奴の元へと素直に引かれて来てしまう。

そんな自分が恨めしくて悔しいから、俺はその扉の前に黙って立って暫く動いてやらなかった。














*******



聞こえた足音はどんどん近付いて、遂に俺の制作部屋の前で止まった。

暫くの沈黙の後にノックも声も掛けずに部屋へ入ってきた彼は前髪で目元を隠した俯いた格好で、俺が座る椅子の離れた場所にあるパイプ椅子にギシリと腰掛けてから、

『お疲れ。』と一言、ぶっきらぼうに言い捨てた。



『うん、そっちこそ。居たんだ?』


俺の問いには答えずに無言のままで相変わらず俯き加減だった。

長めの袖口のパーカーからは指先だけが覗いていて、俺にはそれが冷たそうに見えて繋いでみたいと思った。


『どうしたの?離れてないでこっちに来てよ。』


彼は何も言わないしこちらも見ないしピクリとも動かない。

堅く結ばれたままの唇は少し濡れていたから俺はそれも気になって、吸い付いてみたら何の味がするのかと自分の唇を少し噛んでそんな事を想像したりもした。



『・・・・・・・・・・抱いてあげようか?』


三言目に彼はようやく俺を向いて『馬鹿言え。』と冷たく言い放つけれど、手招きすると素直に近づいて来て作業机の端っこに腰掛けたその膝に俺が手を添えたら、くふんと喉を鳴らしてその手の上に自分の手を重ねてくる。


『本当に、するよ。』


彼は再び黙っていて俺の言葉に躊躇するわけでもなく喜ぶわけでもなく、
見下ろす視線とぶつかればほんの少しだけれど目の奥で小さく笑ったのが見えた気がしたから、俺はそれが本当なのか確かめるように触れていた掌で脚の外側を這い、座っている椅子をずらして腰に廻した腕でその身体を力任せに引き寄せる。

パランスを崩した彼がどすんと膝の上に落ちてきて、ギシリと鳴った椅子の音と同時ぐらいに何か言おうとした唇を俺は自分の口で塞いでやった。


頭の中では既に彼が俺の好きな声で啼いていて、半裸に解けた衣服の上で遊戯する俺に彼は自分の喉を晒した姿で揺れ動く。

妄想と現実の間のキスはほのかにコーヒー味で、唇を濡らしていた正体はこれだったのかと、俺は頭の隅のほうでぼんやりと思った。










ランキングにひそっと参加ちう☆ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

携帯はこちら☆にほんブログ村

今日はもう一つお話をと思っていたのに、参観日に慌てて出かけ懇談だー発表会の話だーってそんで小僧を連れ帰って慌ただしく過ごしているうちに気が付いたら夜7時でしたTT
明日は我が小僧どもの幼稚園は研修会の為、なんと休園←三連休!!えーーんTT
そんなこんなでぐだぐだな我が家でした←
リアル本編の←首輪の話、どうか最後までお付き合いくださいませm(__)m 
それでは皆様、股です。いつもありがとう☆


下の二つもついでにぽちぽちしてくれるとうれちです☆



人気ブログランキングへ

category: 飼いものごっこ。

thread: BL小説 - janre: 小説・文学

tb: --   cm: 8

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/18 00:29 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/18 00:45 | edit

じょんの。
よん子の。
心象風景を追うカメラに。
痺れて、酔って、さざめいて。
はうあぁあああああ…。

…仕事やめちゃおっかなー、のタイミングで背だけに首根っこ掴まれてデスクに強制送還。
やっと帰宅して子供らを送り出し、洗濯物干して、只今戻ってまいりました!

私もそこに居て、見てるみたいな錯覚に。
今日も連れていってくれてありがとう♡

タクシー帰り中。じょんしなに優しくされて←みにょに頭を撫でてもらう←という夢を見て。

私も飢えてるよ←

でもやっぱり現れるのは、ぷさんこさんちの青い子なんですよねぇ。纏う空気が。
ええ子やったなー。しみじみ。

昨夜はHP30から笑…お疲れさまでした。
今日も一日大忙し、でしょうね。
ぷさんこさんも皆さまも。
ふぁいてぃん!!

392nico #- | URL
2013/10/18 08:32 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/18 18:36 | edit

Re: エーン!!

むっくり起き上がって来た寝込みオンマ参上←
ここ数日、何もかもについていけていない。
あぁ。。。ジャカルタってどこ?とか本気で思った件。
ひとりタンクトップで颯爽と登場したジョンを見て、
『あぁ、元気なのね←』とか思う今日w

もう10時じゃん・・・・
寝込み過ぎだいTT


>k・oさん #- | URL
2013/10/19 21:57 | edit

Re: 本日は・・・・大丈夫!ww

>遅れたwww
寝込んでげほんげほん。
なんだか気管支炎らしいよこの咳はTT

今日休むとかいっちゃったけど・・・・・
どうしよう←
いやいや、無理せんでやすんでから来た方がいいですねTT

制作室!出ました!!!←
ほんと見学とかいってみたいよねw
あーーーここがああああああ❤ってなりたい←
でも二人のしかないけどさ、
みにょとしなのは??ちょ、社長つくってくれ←

>ak・・・さん #- | URL
2013/10/19 22:01 | edit

Re: タイトルなし

> お疲れ様ですm(__)m

私は一日中寝るという、つまらない一日をおくりましたTT

わたちにも優しくしてよじょんひょな!←
HPは回復しないで← 今朝0になった件!TT

で、寝込むこと十数時間(笑)
今度は寝すぎて寝れないという、今wwww

背だけに首根っこ、ちょっとだけ掴まれてみたい///←
萌え系男子← いいですね///←

もう寝すぎて頭がぼんやりします・・・・・・

あの子たち追わないと!!とか慌てて色々してて、
タンクが同じであぁああぁあぁああってなってましたよ←

オーストラリアは暖かいんですね、いいなぁ・・・・・

>392nico さん #- | URL
2013/10/20 00:47 | edit

Re: タイトルなし

> お疲れ様ですTT
腹ペコ小僧はほんとどうしてそんなにお腹すくの?ってくらい食べますよね・・・
燃費が悪いですww
そうなんです、自分で飼われてる件なんです←

私寝込んでさっきむっくり出てきましたm(__)m
コメレスして洗濯します❤

それにしても家の中が寒いです・・・・・

>は・さん #- | URL
2013/10/20 00:52 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Book Mark !

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。