スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

飼いものごっこ。 6  


お前が手にした俺の手綱にもし名前を付けるとしたら・・・・・・・・・・
そうだ。愛という名前がいいな。

それなら俺が引かれる理由が明確で、この首輪の意味も分かるから。


強く引かれると苦しくて、緩められると寂しくなった。
縛られ過ぎると鬱陶しくても、外されたら俺は・・・・・・結局どこへも行けやしないんだ。




『引っ張るなよ。』


おでこ同士をくっつけて見つめ合う距離で俺は言った。

廻された腕は解けそうもない強さで俺を抱いていて、膝に乗せられるのはガラじゃなくて困るのに心のどこかで嬉しいと思う。

そんな隠れた欲が漏れてしまったのか、奴は『嫌だよ』と俺に告げて立ち上がるとその身体ごと俺は押されてデスクの上に倒された。
顔の横に付いた腕は俺の手をすぐに握ってしまうから、俺はこの瞬間にふと過ぎる躊躇いもすぐに消えてゆく。


『本当に?』

『・・・・・・・・・・嫌だって言ったら、やめる?』


答えは既に出ているのに、勿体ぶることを覚えた俺はそんな台詞を使いたがった。
そしてお前の『どこで覚えたの?』という返し文句も俺は気に入っていたから、尚の事そんなやり取りに執着を見せてしまう。


『いつからこんなのを好むようになったの?』


悪い人。そう小さく付け足された声も好だった。
握り合う手の反対側の手で下唇をなぞられるのも好きでその指先を唇で捕まえて咥えるのが好きで。

そうしてゆけばこのシチュエーションで生まれた熱を損なわないでとっておけることを俺は覚えたから、そうやって始まる行為の最初はいつもこんな風に奴に触れた。


ジャラン・・・・・・・・

引かれていた鎖が重たい金属音と共に投げ出される。何処へも行かないとそう感じた時に初めて、この首輪はその用途を失った。

もがいて悩んで苦しくても、俺は結局はこの場所に戻って来てしまう。

引かれて引かれてフラフラと、お前の元へとやってくる。
そんな俺はやっぱり、お前に飼われたペットなのだろう。
















*******




『ぁ・・・・・・・・・・っ』



冷たいデスクの上で、彼は熱くなった身体を惜しげもなく晒していた。

繋いだ手を離してはいけないと俺にねだり、その癖そんな半端な愛撫ではダメだと上ずった嬌声が言っていた。どこまでも貪欲で、そしてどこまでも難しい彼は時折そんなわがままで俺を困らせて、そしてその反応を伺っている。


『・・・・・・・・こんな場所で、こんな格好、』


欲で膨れた彼のモノを指先で擦ったら、ぴくんと震わせる肢体。小さく漏らした声には焦れた色が入り混じっていて、俺はこの時の声が一番好きだった。


『音撮ってたから、マイクも入ってる。』

『ンンっ、』

『はは・・・・・・あんまり騒ぐと拾っちゃうよその声。この音も・・・・・・』


俺の指でくちくち鳴った先端の濡れた音が部屋中に響いてて、意地悪を言った俺を彼は下から恨めしそうに見上げるけれど、そんな顔もまた好きだったりするから俺は構わず行為に走り、不十分な場所の不十分な愛撫でも彼はそれを受け入れる。

押し倒したデスクの上の彼は喉をゴクリと鳴らしながら、ゆっくりと嵌る俺を飲み込んでゆく。
吐き出された息は微かに苦しそうで、俺はそれに気が付いていながらも止まれない欲望に任せてとうとう全てを彼の中へと埋めてしまった。


『あ・・・・・・・・・・。』


俺は洋服を着たままで、半端に脱げた彼は心許ない気持ちを俺の服を指で掴んで訴える。

引き寄せられた身体で覆いかぶさって、何を言おうかと考えた一瞬の間に隙に滑り込ませた彼の声は、『好き・・・・・・・・。』と、俺に掠れて告げていた。


『な、お前は?』

『・・・・・・え?』

『好き・・・・・・・・・・?』

『もちろん。』


どこかそっけないやり取りになってしまったのは行為の途中で言われた好きの台詞に俺が心底持っていかれていたからで、俺の方が何倍も何十倍も好きだって言いたかったのに言葉がぜんぜん出てこなくて。

言えなかった言葉のせいで急く心はその想いごと行為へと、不器用な俺は彼にぶつけていた。



『あっ、あぁ・・・・・・・・、強すぎ、だって・・・・・・・・っ』

『だって・・・・・・・・、気持ちイイから、ヨンファが・・・・・・・・』

『ダメ、だってば・・・・・・、あっ、』

『・・・・・・・・何が?』

『名前・・・・・・・・・・呼ばれた、ダメなんだって・・・・・・・・・・っ』


彼が、俺の下で、揺れている。

俺の誘いに近づいて、こんなところでこんな格好で、啼いている。


無理な願いも無理な行為も全てを聞き入れて、それでも俺を好きだと言ったそんな彼を俺は必死に縛り付けようとしてきた。

傍にいてくれるだけで十分だと思ったあの日の自分を俺はいつの間にか遠い過去に置いてきてしまって、彼の思いも苦しさも無視して、自分の物だけであって欲しいと願う。


『ねぇ、愛してる。俺のところからいなくなるなんて、許せない。』


忘れられないように離れられないように刻み付ける行為は乱暴で、したいように動かしてその名前を何度も呼んだ。


『ヒョニ・・・・・・・・っ、』


その声で他の誰かを呼ばないで。
その顔で他の誰かを見つめないで。
その指で他の誰かに触れないで。

俺に根付いた欲の塊はいつも彼をギリギリまで追いやって、それが自分のせいであるということに俺は満足する。

だって苦しくても悲しくてもそれが全て俺のせいなら、俺はきっとどうにかしてやれるはずだから。だから・・・・・・・・・・


『・・・・・・・・・・傍にいて。』



今日は俺も彼に印をつける。
俺のモノだと腰振って、その欲望の種を彼に植え付けた。

苦しそうに喘ぐ彼も俺につられて吐き出して、『どこにも行かない。』と答えを貰えるまで俺は、そうやって彼を縛り続けるだろう。











*******



部屋の中には二人だけの乱れた呼吸が聞こえていた。

覆いかぶさるお前と組み敷かれた俺との行為の残骸の時間はいつも、満たされているはずなのにどこか苦しかった。

もがいてもどこへも行けない自分との葛藤は、どこまでも続いている。



『苦しくて・・・・・・』

『うん。』

『でも、繋いでおいてくれないと嫌だ。首・・・・・・・・』

『・・・・・・・・・・?』




お前の不思議そうに笑う顔が見えていた。

『首?』なんて言いいながらそこを指でなぞって『何?』と、俺に興味ありげに訪ねてくる。





・・・・・・・・・・何って。


この目には見えない、首輪のことだよ。



離れていても引かれて、傍にいても引かれる。この・・・・・・・・・・





『いや・・・・・・・・・・なんでもねぇよ。』




お前が手にした俺の手綱にもし名前を付けるとしたら、愛という名前がいいな。

強く引かれると苦しくて、緩められると寂しくなった。
縛られ過ぎると鬱陶しくても、外されたら俺は・・・・・・結局どこへも行けやしない。



『変なの。』


お前はそう言うとキスをしてくれて俺の好きな顔で笑うから、
その瞬間にまたこの首には、首輪が嵌って取れなくなる。


離れていても引かれて
傍にいても引かれて

俺はいつもお前という存在に縛られいて、苦しくても手離せない、この首輪に飼われてる。










飼いものごっこ。完


今日もここに来てくださったらぽちっとお願いします☆
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

間があいてしまいましたが、これにて終わりです。
実はなかった首輪。飼いもの“ごっこ”でした。
じょんひょん目線で首輪を引っ張る場面は一度も出てきてなかったのはこういう訳だったからです。
だから本編です← よん子にしか見えない首輪の・・・・・・・・・・ホラー。←?
遅くなってすんませんm(__)mでわ股です!いつもありがとうごじゃいます❤


ついでに下の二つもぽちぽちしてくれると嬉しいです。
 

人気ブログランキングへ

category: 飼いものごっこ。

thread: BL小説 - janre: 小説・文学

tb: --   cm: 26

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 01:07 | edit

とっても良かった“飼いものごっこ” 特に最終話ステキです。
最初は本物の首輪が付いてるんだと勘違いして首輪プレイなんて妄想してしまったけどw←变態(笑)
見えない首輪に支配されてるなんて官能的で好き!
首輪の名前“愛”、うんうん、よん子には一番の名前です!
ずっとふたり仲良しで一緒に寄り添っててね。
このふたりならどんなにバカップルになってもいいからー。
どんどんハードになってもカモォォォンです(笑)

和紅 #- | URL
2013/10/20 02:03 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 02:06 | edit

Re: タイトルなし

>いえいえいえいえm(__)m
オチを最後にって、難しいな・・・・と思った今回。
でも楽しかった!お付き合いありがとうです❤

かじぇは相変わらずですが、
早く連休が終わることを夢みて、
日曜日を乗り切ります(笑)

>ha・eさん #- | URL
2013/10/20 02:58 | edit

Re: タイトルなし

> ごっこ。でした(笑)
文字にすると、あぁ、こういう感じでアプローチしてみても
おもしろいかもしれん。なーんて思いついた話でした。

がっつりなハードプレイも書きたいし←
あれもこれもそれもと欲張りなオイラ。

愛がテーマはいつもかわりまへんが、
何せ拙いのでなかなかうまい事いきません(笑)

そんな私ですが、これからもよろしくです☆

>和紅さん #- | URL
2013/10/20 03:06 | edit

Re: みどれんじゃー

>みどれんじゃwwwwwwww

や、起きてたのーーー!!ってなった件w
かじぇひきかんちゅーだったのに・・・・・
あれれ。
あの子達追い出すと寝れないの、よくわかる!!!!

そしてリアルだった件wwww
半パラ(笑)じゃなかったけど、
半パラっていう新しいジャンルもいいな!とか
本気で思っている午前3時←

愛というのはなんぞや。な、
答えが出ない分、色々悩んだりもして。
たっくさん形があって、なくてはならないもので、難しい。

毎日をやり過ごす主婦の首に、
見えない首輪が嵌っているなと思ったのが始まりで。
自由ってなんだろう?とか、
これたまに外れんの?とか
そんなことを感じることがたまーにありますw

私はよん子と違って外れたら猛ダッシュで逃げるけど←

で、やっぱり戻るしかないと言う、
しがらみはきっと誰にだってあるはず・・・・・←

お粗末様でしたm(__)m


ジャカルタのセルカはじょんしなが前で❤
ワールドつあ行きたかった~~~と、
改めて見えない首輪を実感したです←


>ak・・・さん #- | URL
2013/10/20 03:15 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 06:45 | edit

おは~

 ★伏せコメばかりだと寂しいので、公開コメNameで★

コチラも昨日、今日と冷えておりやすぅぅ

私は頻繁に鎖を引きちぎってはLIVE遠征に・・・
ソウルへも飛んでしまったり、
今回は広島以外は鎖をブチ切り行っちゃうぞ!!

でも、また【ココ】に戻って来るわけで(笑、笑)

それは、【ココが居心地いい】のと、
ぷさんこちゃんにだけ、こっそりと【告解】した
私の最大の【バックボーン】である
あの【デッカイ愛】があるから、
私は一生【うざいくらいのポジティブシンク】
なメイルメイルで暮らして行けるんだよ~

理性じゃどうにもならないくらいの【官能的な愛】
に満たされた最高に幸せな【ホントの愛】、
若い時に、そういう【愛】に満たされると
その後の人生、【幸せ】です。

ヨン子とヒョニ、
今はキモチのまま、今、思いっきり愛し合え!!

シン子 #- | URL
2013/10/20 07:03 | edit

愛という名の首輪で縛られることで、自分でも気付かず相手を縛っているヨン。
ヨンを束縛したくてしたくて、絶対手放せなくて…
きっと束縛されたいのは彼も同じ。
離れかられないから離れるのが怖くて『証し』が欲しい、どこか苦しげで切なげな2人。

最終話、沁みたぁ。



まーにゃん #- | URL
2013/10/20 09:17 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 09:56 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 10:39 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 10:57 | edit

早朝5時。
「ちょ、ママ…店開けてんの?」←まだ引きずる笑(小噺は忘れてーーー)
風邪を薬漬けで退治しようとしたら脳が逝かれ、ポチとコメを忘れてたんで舞い戻りました。

『The Sixth Sense』ってあったじゃないですか?
あれ普通に最初からネタバレ部分を受け入れて見ていた私。
一緒に行った友にあとで怒られるの巻。

で今回。
とうとう、よん子自ら…ってニマニマニマニマ拝見してたですよ。
自ら、っていう究極の愛を見せつけられてんだーーーーー!って。
「ごっこ」が効いてんなぁって。
だからじょんしなでせつなくって…。
そして、じょん目線での時の対比が美しかったんですよ。
読み直しても、んもうっうっとり。
そんな頓馬な感覚のおいらもすっごい愉しめまちた♡

スナックというより、バーが浮かぶし(ぷさんこさん、くやしいほど多言じゃないしぃ)…ちょっとマイナー目線のファンって事で御許しを。

寝過ぎの感覚…わかるけど…わかるけど、お身体大事にしてください。
まぁママが店開けちゃうと灯蛾の如くふらふら来ちゃうのさぁああああああ!

392nico #- | URL
2013/10/20 16:22 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/20 17:10 | edit

この終わり方すてきです。
ほんとの短編小説みたい。
ごめんなさい、ほんとの、って出版されてるって意味です。
過不足がなくて、読後感もすかっとするし。
ああ、よかった〜って。
いいお話をありがとう。

せさみ #- | URL
2013/10/21 00:27 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/21 02:32 | edit

Re: タイトルなし

>首輪、皆に嵌ってるよん。
私は・・・・・・家庭に←
当方、根っからの自由人でして、もう首輪が重いのなんの←

一度はまったらなかなか解放されないのが難でして。汗
カマキリとは繋がっていない件←
手綱はわたしまへんwwww

かじぇ、ぜんぜんよくなりません。←
もうこの咳かじぇじゃないんじゃ・・・と疑いが出るほど。
え。わんこもかじぇひくんですか??知らんやった・・・・・・
ベポラップ!!懐かしい///
子供の頃よく塗りぬりしました☆

>亜・さん #- | URL
2013/10/21 04:32 | edit

Re: タイトルなし

> 寒いですよね・・・・最近(*_*)
そうですかぁそちらも寒いんですね(笑)
そりゃあそうですよね、いくらなんでももう10月なんで(笑)
北海道以外は寒くないと思っている道産子歴29年←

告解!例の・・・・・・ですね❤

もんのすごい衝撃告白!←
でもどしてそんなにデッカイ愛なのに終わってしまったんだろー
と、ちと考えたり←

責任が伴う愛はつまらんです←
てかもう既に愛でもなんでもない件←

もう何もかも捨てて←
逃避行でもしようかにゃ(笑)

>シン子さん #- | URL
2013/10/21 04:58 | edit

Re: タイトルなし

>目には見えない首輪でした☆
縛られていると首の辺りが重くなりません?
私毎日重いですよ家庭に縛られてTT
愛とかいう束縛じゃないですけどね(笑)

苦しいのは一緒かもです笑

>まーにゃんさん #- | URL
2013/10/21 05:18 | edit

Re: タイトルなし

>木陰wwwwwwwww
や、ビショ兄ずとか鼻血でそうな件←
濡れて滴る水と○○← お・・・・おいしそう←
ここ最近、なんだかあれやこれやであの子らを追えないですTT

でもあの腕端末のサジンには大爆笑wwwww
ジョンwwwwwwその手wwwwwやめれ←

アレ見てほっこりしました❤

>北・・さん #- | URL
2013/10/24 00:28 | edit

Re: タイトルなし

>あはは(笑)なんだかつかみどころのなさ過ぎる話になりまんた←
でもこういうわけだったんですよね(笑)
飼いもの“ごっこ”です、タイトルまんまです☆

よん子、ついに首輪見えた件← とかゆうメンヘラホラーではないです(笑)
仮定です、多分←

咳、すこーーーしだけ良くなったようなならないような・・・・・
マスクが手離せまへん。

>h・r・さん #- | URL
2013/10/24 00:33 | edit

Re: かんどうです。

>メッセでどうもです❤
ぷさんこ家、いつにも増してバタバタな件で
遅れましたことお詫びいたしますm(__)m

首輪はごっこです(笑)
メンヘラでは決してないですよ、仮定です(笑)

>k・oさん #- | URL
2013/10/24 00:36 | edit

Re: タイトルなし

>早朝にまだやってるっていう(笑)
でも最近は早朝営業化しつつある我がブログ・・・・
今夜はようやくここへきて、コメレスをm(__)m

誰か気が付いている人いらさるかな?なんて、
思いながらアップしてまんた☆
ごっこ、なんだす←

ジョンシナは結局手綱を掴めずに・・・・TT
あああ。ジョンシナなんとか幸せに←いつも言ってる件
思っても時間がなあぁああああぁあああいTT
今日はお休み。明日も来られるかわからんです、
はい、明日も病院ですTT

>392nico さん #- | URL
2013/10/24 00:41 | edit

Re: タイトルなし

>コメありがとでしゅ❤変態仲間の← 私ですどもm(__)m
飼いものごっこ。え?何?何がおこってるの?という、読者様の?な反応をひしひしと感じながら(笑)
、私も楽しく書かせていただきましたm(__)m

かじぇ、咳がもおおおおですTT
いつになればなおるんだい

>愛・さん #- | URL
2013/10/24 00:47 | edit

Re: タイトルなし

>よかった~ってなってくれてよかったでつTT
不思議ーなかんじで書いていたので、
あああ。最後が不安だったのす。

最近はまばらな更新で申し訳ないですm(__)m
なんだか気が付いたら0時過ぎてるんですよTT

>せさみさん #- | URL
2013/10/24 01:03 | edit

Re: 感動しました!

> 初こめありがとうでしゅ❤
いやー、あの右ポジのは大爆笑でwwww
ああああ、私以外にもそういう目線で見てる方
いたあああああああ!!って嬉しくなったとです❤
ぐ腐❤

ほんとこれ、??でしたよね(笑)
私もはらはらしながら書いてたですw
あああ、これ大丈夫?リアルSM感で引かれてんじゃないかなって←
心配でした。

ラストを見たらもう一度最初から読んでみようかな、
って、なっていただけると嬉しですm(__)m
恥ずかしながらですが。

あんまりうまく書けなかったしあれもこれもいれたいなっていうのもあったのですが、
何せラストまでネタばらししない方向でしたので、あまり長いと
ほんとうに???????ってなってしまう。。。と、
ビビった私でした(笑)

>ご・・さん #- | URL
2013/10/24 01:22 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Book Mark !

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。