スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

starlit night  7  



『はい、コーヒー。』


今朝のモーニングコーヒーはそのへんで適当に買った、偽りの淹れたてコーヒーだった。

落としてから時間の経ったそれは変な苦みが増していて、決して上手いとは言えない一杯。


『・・・・・・さんきゅ。』


お前の手から受け取った、俺の頼んだそのコーヒーは
そんなのでも久しぶりによく眠れた朝を迎えた俺にとって、息を吐くことのできる一杯に違いはない。



蓋の飲み口から一口飲んで、俺は口内に広がったその液体にはっとした。

渡されたカップはミルク入りじゃなく、ブラックのものだったからだ。


適当に買われたコーヒーの中の一つを、俺はそれにすると言ったのに
今飲み込んだコーヒーは確かに、ミルクが混ざる味がする。



『疲れてる時は、ブラックはダメだよ。』


俺の少し前を歩くお前が、俺に聞こえる程度の声でそんなことを言った。

そうか。お前が勝手にミルクを入れたのか。

いらぬおせっかいだと返したくなるのは、やっぱり俺がひねくれた寂しがり屋だからだろうか。



初日も二日目も、しっかり寝かせてくれちゃって・・・・・・・・。

“続きは帰ったら”

の約束を、今回は頑なまでに守っていた。



いらぬおせっかいだ。そんなの。

俺はおやすみなさいまで3秒だったくせに、心の中で毒づいた。


何も感じないわけがない、俺の心をまるっと無視して、お前は俺の手ぐらいしか触れなかったな。


思いやられているのに。俺はそれを素直にそうだと受け取れなくて。

すれ違いの日々は二人の心まですれ違いさせてしまって、絡まった糸は細くて小さなものなのだけれど

その縺れた結び目は小さすぎて、逆に解くことができそうになかった。


疲れも、苛立ちも、寂しさも虚しさも切なさも。

その全てが、解こうとする俺の手元を狂わせる。



少し前を行く背中に、サングラスで隠した下で視線をぶつけても、お前は振り返りもせずにどんどんと前を行ってしまって。

今はその後ろ姿が寂しくて。ステージに出る時もお前の後ろを行く俺は、照明の落とされたその壇上で、思わず早足になってしまったほどだった。






『ヨンファ・・・・・・・・ヒョン。先、行って。』



帰りの搭乗口で俺を前に押しやる為に腰に廻された手だって、俺はそのまま掴んで離したくない。

前に進もうとしない俺にお前は不思議そうに顔を覗きこんで、その顔を見ようともしない俺にお前はくすくすと笑った。



『・・・・・・・・そんなにおかしいかよ。』

『ううん。ただ・・・・・・・・・・』

『あ?』

『・・・・・・俺も一緒だから。離したくない。』



そして全てを、お前は見透かしてしまうんだ。




砂を噛むような一人の時間を持て余しすぎていたせいか

馬鹿みたく安易な俺は、お前のその一言で必死に奥歯を噛みしめる。




・・・・・・・・・・サングラス、かけててよかった。






『帰ったら、』

『帰った、ら?』



直球で寂しいとも言えず。かといって、偏屈にもなりきれない。


そんな俺は、俺の横に居たお前を置いてき様に、

『セックスして。』なんて、実に安っぽい誘い文句で半分ふざけて言い捨てる。


俺たちはお互いに不器用だったけれど、俺はお前のように“デートしようか。”なんて、この先きっと100年経とうが絶対に言えやしなかった。

悔しいけど。

それだけはお前のほうが、数枚上手だった。



俺は振り向いて、動けないでいるお前に少しだけサングラスを下げた視線で笑ってやった。

驚いたような顔に気分が良い。
少なくともこの瞬間だけは、お前の頭ん中は俺の事で一杯だろうから。


理屈ならいくらだってある。だけど。

もう少し・・・・・・・・俺にちゃんと触れてて欲しいよ。








突っ込みがあちこちで出ているので(笑)
そろそろRなお時間なのですが。が。
・・・・・・・・山と海、どっちにしよう?←え。あ、外ではないですよw

読みに来てくださったらえろぱわーをwぽちっとしてぬん。
↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

あっという間に11月で、今月は幼稚園の発表会にマナティの4か月健診に病院に、
カマキリの社員旅行に長男の就学前健診もあるらしい。
早いもので来春から小学生。
さっき『小学生になったらどんなことしたいのーー?』とか珍しくオンマっぽいこと聞いたら←
『ママと一緒にライブに行く!!』って言ってた。
・・・・・・・・・・ちゃんと教育されてた件。←

ご訪問、ありがとうです☆
ついでに下の二つもぽちぽちしてくれたらうれしです☆

人気ブログランキングへ

category: starlit night

thread: 二次創作:小説 - janre: 小説・文学

tb: --   cm: 12

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/11/06 00:20 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/11/06 00:25 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/11/06 00:37 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/11/06 01:31 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/11/06 19:40 | edit

コメ返、本当に結構ですっ

垂れ流しにお付き合い頂いてるだけで幸せ///…その分、是非憩いにお使いくださいませ。

さてさて、不器用…なんて言っときながら、ひと度言葉を発したらこんなこと言うなんてズルいぞ、兄ず。

甘くて。重くて。
一行一行、噛み締めてリピートし続けて、あぁあああああああ!

この子たち、いくつ年下なんだっけ?←

で。久々の山か海か///なんでしたっけ?
♡♡♡

ステージの兄よろしく、背だけとはしゃいで待ってます。
(二人だけなんでZEPPのI'm sorry流して仕事中)

長文垂れ流しに日々勤しんで報告遅れました…彼、読者です←
ただコメント欄の存在をわかっていません←

私、いつまで感想言えるかな、です。
ギャ!

392nico #- | URL
2013/11/06 23:22 | edit

Re: あーる。

マイコ―の次はノロっていうねTT
落ち着いて、幼稚園いけるようになりまんた!
が。しかし。
今度は私の目がみえない。
疲れなのかストレスなのか産後だからなのか。
今日は少し調子が良いのできてみました❤

>k・oさん #- | URL
2013/11/21 18:29 | edit

Re: タイトルなし

>合流した途端とかwwwww

我慢できなかったのかな?←

とりあえず、ホテルで押し倒したのか
それとも二人とも乗り気で押し合ったのか←

ぐ腐❤

>みかさん #- | URL
2013/11/21 18:32 | edit

Re: さすがです!

>山小屋wwwwwwwww

うけてしまってわろてお腹痛いですwwwww

もう、あの子ら二人は双眼鏡でガンミしまんた←

>ぽ・・さん #- | URL
2013/11/21 18:33 | edit

Re: 選ぶなら~

>さすが!!海での経験豊富wwwww
や、もう、兄ずの山うんぬんより、
そっちのほうが気になってしまったwwww

でもjeepは曇らすけども←
ほんと、ジョンの女癖にはおにさん、やきもきですよ←
あのにやつきっぷり半端ねえwww

つか。私はジョンに言いたい。
『とりあえずなんでもいいからもすこし髪のばして』って←

>ak・・・さん #- | URL
2013/11/22 10:34 | edit

Re: タイトルなし

> まさかのwwwww

寝かせてあげた件←

もう死んだように眠ったと思われ。
じぇったい疲れてた。あの子←

ラブラブ・・・・・私もしたいのだけど。けど・・・・
今週一杯はこれなさそうですTT
予定だらけの週末です!

>は・さん #- | URL
2013/11/22 10:37 | edit

Re: コメ返、本当に結構ですっ

>まさかの背だけが読者だった件!!!
むちゃ嬉しい。私彼のペンだから❤ぐ腐←

で。久しぶりに山か海かなんて、
私なんつー質問してんだよとか今読んで来て思った←
 
目もだいーぶ見えてきたので、
今日もここにきまんた。そして自分の阿呆ぶりにあああああなって←

・・・・・・・・恥ずかしい。←

>392nico さん #- | URL
2013/11/22 10:43 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Book Mark !

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。